2013年12月23日

おやすみ、にゃあ

こんにちは。
大変ご無沙汰しております、ゆっこ家・次女のハコフグです。

年の瀬もいよいよ間近になってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近はおいぬさまブログ自体の更新が滞っていて、本当に申し訳ないです。
いろいろ書きたい事は山ほどあるのですが、いかんせん時間が取れず・・・。

「最近ブログ更新してないけど!?」と心配してゆっこにご連絡をくださる皆様、
どうもありがとうございます!

ゆっこもマンタも私ハコも、そして可愛い子供たち(ワンズ)も
みな寒さに負けず元気にしておりますので、どうぞご安心ください。








さて・・・。

こうしてハコフグがブログを書くのは、いったいどれくらいぶりでしょうか。
半年ぶり?一年ぶり?もっと??

そのくらい筆不精のハコが、こうしてキーボードを打っているのには、
大切な大切な理由があるからなのです。





ご報告いたします。

昨日、12月22日 午前10時55分。
我が家の初猫、そして我が家で "最後の猫" の「にゃあ」が、天国へと旅立ちました。





突然の、しかもこのようなご報告で申し訳ございません。

私たち家族にとっても、にゃあが体調を崩してからあっという間の出来事だったため、
正直放心状態といいますか、全員気が抜けてポケーっとしております。





IMG_1251.jpg



今年3月。
寒い寒い日のことでした。

子供たちの散歩中に、あんずが見つけたオスの茶トラ。
それが、「にゃあ」との出会いでした。

過去のブログ



IMG_1261.jpg



ピンクの首輪をつけていたので、
にゃあはおそらく他のおうちで飼われていたのでしょう。

しかし、体は見るからにガリガリ。毛はボサボサ。
自力で動くこともできず、興奮したあんずのせいで少し怪我をしてしまったため、
そのまま保護して動物病院に連れていきました。



IMG_1329.jpg



過去の記事でも書いたように、
にゃあは保護した時点で「すでに10歳を過ぎている」との獣医さんの見解でした。
腎臓に支障をきたしていて、血液検査の結果もあまりよくないものでした。

飼い主を探そうとしたものの、体のやせ具合から放浪生活が長かっただろうこと、
弱った身体で今にも死にそうだったこと、
何かの縁で我が家にやってきたこの子を無責任に放り出すこともできず、
そのまま我が家の子として迎えいれることになりました。



IMG_1266.JPG



にゃあは、我が家での初めての猫でした。
ワンしか飼ったことのない我が家では、にゃあが「猫」のすべてでした。



IMG_1273.jpg



『まさか、猫を飼うことになるとはね・・・』

それが全員の口癖でした。



もちろん猫が嫌いなわけではないです。
動物は好きです。大好きです。猫も可愛いのはわかっています。

でも、「飼うなら犬派」だった我が家にとっては、猫の飼い方は未知の世界でした。
にゃあがやってきてから、毎日が新しいことばかりでした。



IMG_1629.jpg



にゃあはとても穏やかな子でした。
抱きしめても、可愛い可愛いと顔中にチュッチュしても、嫌な顔ひとつしない子でした。


IMG_1639.JPG



猫特有(?)の気ままさもなく、ほとんど人の傍にべったり。
むしろ、人が傍にいないと『こっちきてよ〜早く寝ようよ〜』と呼びに来る
まるで犬のような甘えん坊な性格の子でした。


最初の数ヶ月こそ、放浪生活の代償とも言うべく(?)
お腹に巣くっていた虫の駆除で苦しい思いをさせてしまいましたが、
それが済むと、もりもりご飯を食べて、もりもりうんちをして
2キロしかなかった体重が、あっというまに倍になるくらい元気になりました。



IMG_1649.JPG


IMG_1565.JPG



まるで、最初から我が家で飼っていたかのように。

まるで、「もう僕の家はココだし!」と分かっているかのように。

驚くほどすんなりと我が家の一員になってくれた、本当に本当に可愛い子でした。



IMG_1896.jpg



先月の11月の終わり。

元気だったにゃあが、ある日突然、ひどい嘔吐と下痢(時々血便)を繰り返すようになりました。

慌てて、我が家の駆け込み寺・T郷先生のところへ診察しにいった結果・・・



腎臓の状態がかなり悪くなっている。

そして、

おそらく放浪中に他の猫に移されたのであろう、猫エイズにかかっているとの診断でした。



その時点では、まだキャリアだっただけなのか。
それともすでに発症していたのか。

大元の原因は腎臓だったのか、それ以外の何かだったのか。

何が原因だったのか、今でも誰も分かりません。

免疫力が落ちて、どんな小さな病気にさえ抵抗力がなくなっているにゃあの身体では、
いつ何が起きてもおかしくない状態でした。



その日を境に、食べる事を一切受け付けなくなった、にゃあ。

大好きなかつお節も、お気に入りの小袋パックのちょっとお高いカリカリも。

ちょうだいちょうだいとねだったお刺身も、チキンも。

せめてもの願いをこめて用意したミルクも、流動食も、何もかも。



IMG_1917.jpg



インターフェロンの副作用で嘔吐を繰り返す小さな身体を、
ただ抱きしめることしかできませんでした。
何がこの子にとって一番良い事なのか、毎回のごとく悩んで泣いての日々でした。

最初に我が家にやってきた時のように、どんどん痩せていくにゃあの細い身体に、
せめてもとのT郷先生の薦めで、毎日毎日、自宅点滴で栄養を送りました。

『もう長くないんだな』と覚悟を決めたものの、
いつ息が止まってしまうか、怖くて怖くて堪らなくて、毎日抱きしめて眠りました。

平日、仕事でにゃあの傍に居られらないのが、本当にどれだけの恐怖だったか・・・。




IMG_1926.jpg



にゃあは、最後まで一度も粗相をせず、
動かない身体なのに自力でトイレに向かったお利口さんでした。

本当は嫌で堪らない点滴も、最後まで大人しくさせてくれた、いい子でした。



体調が一気に悪くなり、食べられなくなってから、22日。

我が家の子達は、いつでも、そしてどの子も、決して私達の手を煩わせることなく
あっという間に逝ってしまう子達ばかりです。


日曜日の午前中、いつものように朝起きてから、栄養剤の点滴をしました。
日曜日は仕事が休みなので、そのままハコのベッドで一緒になって二度寝をしました。


それから一時間後、にゃあは暖かい布団の上で、静かに静かにお空へと旅立ちました。


心臓が止まる最後の瞬間こそ、少しだけ苦しそうだったものの、
家族が家にいる日をちゃんと待っていてくれたかのような最後でした。



IMG_1928.jpg



初めての猫との、初めての生活。

我が家で、にゃあに会った事のあるお客様達は、みな口を揃えて
『この子は最後を此処で迎えるために来たんだね』とおっしゃってくださいました。

実際、私達も
『なーんだ、猫も飼えるじゃん』ではなく、『にゃあだから飼えたんだね』と
確信を持って言えます。



にゃあが、我が家を選んで来てくれたのだと。

一度は他の家の子になったかもしれないけれど、
こうして最後を一緒に過ごすために、にゃあの方から会いに来てくれたのだと。

にゃあは我が家に来るべくして来た猫だった・・・、そんな気がします。

(実際、にゃあが家に来てから、縁というか何と言うか、ずっと説明のつかない不思議な感覚がありましたので。)



IMG_1562.JPG



たった9ヶ月の短い時間でしたが、にゃあは家族にとって大きな大きな存在でした。

突然いなくなったその存在に、心は今でも寂しい寂しいと泣いていますが、
あの子が寒いお空の下でもなく、ましてや一人ぼっちでもなく、
暖かい布団の中で一緒に最後の瞬間を迎えられたこと、それだけが私達の救いです。



IMG_1469.JPG



安いカリカリは見向きもしなかった、にゃあ。

安いかつおぶしにも見向きもしなかった、にゃあ。

トイレの猫砂にこだわりがあった、にゃあ。

お刺身が大好きだった、にゃあ。



IMG_1899.jpg



一人で寝るのが嫌で、二階から一階まで毎晩呼びに来た、にゃあ。

カーペットの上に行くと、
『撫でろ』とでも言いたげに自らデデーンとお腹を出した、にゃあ。

「入れて入れて」、もしくは「ごはんごはん」と
明け方に顔面を猫パンチで起こしにやって来た、にゃあ。

夜中、床からベッドへのジャンプで、ハコの頬っぺたにでっかい傷を作った、にゃあ。




気立ての良い、人の言葉をよく理解する、賢い子。

そんなにゃあに出会えた縁に、心から感謝します。

ありがとう。ありがとう。またいつかどこかで会おうね。





以上をもちまして、我が家の最初で最後の猫、にゃあ永眠のご報告とさせていただきます。

厳しい寒さが続きますが、皆様お風邪など召しませぬよう、どうぞご自愛くださいませ。





IMG_1700-2.jpg


IMG_1699_2.jpg



おやすみ、可愛いにゃあ。



2013.12.23 ハコ



ニャ〜の日がな一日(過去記事)


.

ニックネーム ゆっこちゃん at 22:19| Comment(8) | TrackBack(0) | ニャ〜の日がな一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

遅く起きた朝は・・・

毎年、大きくて美味しい柿を奈良から送って下さる方がいて


今年もいただきました。 どうやら、今年は柿が大豊作。 


我が家の近所も、あちこち見事なオレンジ色。


近所の誰も取らない柿の木にもタワワに実っていました。


渋柿だと思って取ってみたら、ウヒャ〜〜〜甘い!


しかも、毎年誰もとらない。


こりゃ、勿体ないよ顔(え〜ん)ということで、


勝手に100個くらい拝借。取ってきたんですから拝借はおかしいか!?(^0^)


2013112501.jpg


もちろん食べきれないので、大量の干し柿! ゆっこがシコシコと紐に


くくりました顔(ペロッ)


もう第一弾が出来あがったのですが、甘い柿で作ったから


本当に甘い。 美味しいですよ。


さてさて、このところ急に寒くなったせいか、布団から出るのが嫌な気分。


ぬくぬくの御布団でゆっくり朝寝坊できる日曜日。 


とはいえ、おいおいもう2時顔(汗)


ほれほれ、ハコexclamation×2 いい加減に起きろ。



布団をめくると・・・・


2013102502.jpg


あれ、いた。 ここにも寝坊すけ。


2013112503.jpg


夜になると元気になって、遊ぼう遊ぼうとネコパンチしてくるニャ〜。


この前は山登りに行く前の日、ゆっこを寝かせませんでした顔(え〜ん)


昼間はクゥクゥ眠い(睡眠)


いくら夜行性でも・・・。 夜、寝かせる良い方法はないですかね〜。
ニックネーム ゆっこちゃん at 00:49| Comment(3) | TrackBack(0) | ニャ〜の日がな一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

チッ!

2013083101.jpg


2013083102.jpg


うそうそ。


ニャーは毎日、チ〜〜〜ッとだけ貰ってます。
ニックネーム ゆっこちゃん at 22:55| Comment(3) | TrackBack(0) | ニャ〜の日がな一日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする